Gallery #7 しかけ絵本 ぴよぴよ〜危機一髪〜 ひまじんのやかた


ひまじんのしかけ絵本

ぴよぴよ 〜危機一髪〜







お待たせしました! (えっ、誰も待っていないって?)

これより、ひまじんのしかけ絵本を発表します。 パチパチパチ

タイトルは…

ぴよぴよ 〜危機一髪〜

「あー、あの映画のブルース・リーはとってもカッコよかったなー」

「それは、ドラゴン危機一髪やないかぁ」

「あー、あのゲームはハラハラドキドキするよねー」

「それは、黒ひげ危機一髪やないかぁ」

…と、つまらない前フリはこの辺にしておいて・・・と。

まずは表紙

ひまじんのしかけ絵本 ぴよぴよ〜危機一髪

何やらタマゴの殻のようなものをかぶった変な生き物が表紙を飾っています。

一体何者なんだ?

まぁ、そんなことは読めば分かるか。いちいち自問自答して時間をかせぐのはやめましょ。

ひまじんのしかけ絵本 タマゴから飛び出すぴよぴよ

こんなところにタマゴが! あっ、たった今、タマゴにひびが入りましたぁ。

タマゴから生まれたのは…

「こんにちは! ボク、ぴよぴよです。 いま、うまれましたぁ。よろしく〜!」

タマゴから生まれるや否やいきなりしゃべるなんて… いやいや、そもそもしゃべるひよこ自体おかしいじゃないか!

ひまじんのしかけ絵本 壁にねこが隠れている

おやおや、ぴよぴよとそのおともだちが草むらでお食事中のようです。

ピヨ ピヨ ♪  ピヨ ピヨ ♪

ひよこ A 「くさむらは たのしいなぁ〜! そっちに おいしい むし いるかぁ?」

ひよこ B 「こっちには ジューシーな みみずがいるよー」

ピヨ ピヨ ♪  ピヨ ピヨ ♪

などと楽しそう。

あれっ、ちょっと待って! 壁に何だか怪しげな目! 「壁に目あり」 (あれっ、耳じゃなかったっけ?)

じゃじゃーん! 何とお腹を空かした猫が隠れていました!

ねこ 「ゴクッ ひよこたちめ のんきに みみずを たべやがって」

ねこ 「まぁいい おなかが いっぱいになったところを くってやる!」

食事に夢中なひよこたちは猫に気づいていないようです。ひよこたちの運命は如何に!

(チラッと見える赤い草のようなものにお気づきでしょうか?)

ひまじんのしかけ絵本 ぴよぴよに襲いかかるねこ

猫は、タイミングを見計らってぴよぴよに襲いかかりました!

ねこ 「ニャーゴーーー!!!」

ところが寸前でそれに気づいたぴよぴよは、まるでモハメッド・アリのようなステップでその攻撃をかわしました。

ぴよぴよ 「わぁー わるいねこが ボクをたべようと とびかかってきたよー」

ぴよぴよ 「だれか たすけてぇー!」

ぴよぴよはウサイン・ボルトのような速さで駆け出しました。

ひまじんのしかけ絵本 ねこをぶっ飛ばすママ

ぴよぴよ 「ママぁー ママぁー!」

ようやくママを見つけたぴよぴよはママに向かって言いました。

ぴよぴよ 「わるい ねこが ボクを たべようとするよ! たすけてー」

虫は容赦なく食べるのにねーと天の声。

ねこ 「おっとっと こりゃやばい!

ママ 「よくも うちのかわいいむすこを たべようとしたわね!」

ママ 大激怒!

ママ 「ガッツいしまつ ばりの まぼろしの みぎを くらえー」

ドカーーーーーーーーーーーーン

ねこ 「ニャーーーーーッ さようならー!」

ぴよぴよ 「ねこさん さようならー」

ねこは太陽系の彼方、オールトの雲まで飛んで行きました。

ひまじんのしかけ絵本 ぴよぴよパクパク

ぴよぴよ 「ボクもママのように おおきくて つよい にわとりに なりたいな!」

パパじゃなくてママかよと天の声。

ひまじんのしかけ絵本 ぴよぴよ三銃士

ひよこたちは、それからも仲良く、お腹いっぱいみみずを食べました。

いつか、みみずのママにやられるとも知らないで…

これで、ひよこのお話は終わりです。

如何でしたでしょうか。






Gallery #7 しかけ絵本 ぴよぴよ〜危機一髪〜 ひまじんのやかた