Gallery #7 しかけ絵本 ボクのぼうし ひまじんのやかた


ひまじんのしかけ絵本

ボクのぼうし







私が初めて作ったしかけ絵本を紹介します。

今も全く成長していませんが…

タイトルは…

ボクのぼうし

当時、お気に入りの帽子がありまして、こんな話を作ってみました。

まずは表紙

ひまじんのしかけ絵本 ボクのぼうし

おサルさんのような動物が2匹描かれています。

どうやらお母さんとその子どものようです。

優しそうなお母さんが子どもに黄色い帽子をかぶせています。

これからどこかへ出かけるのでしょうか?

ひまじんのしかけ絵本 さるくんパクパク

「ボク このぼうしが だいすきなんだ!」

「でかけるときは いつもいっしょ  どう? にあうでしょ?」


サルくんはママからもらった黄色い帽子をとても気に入っています。

ひまじんのしかけ絵本 飛ばされる帽子

いつものように、サルくんはお気に入りの帽子をかぶって遊びに出かけました。

とってもごきげんです。

ところがそこへ突然かぜさんがあらわれ、ぴゅーっといたずらしました。

「あーっ! ボクのぼうしがー まってぇー!」

ひまじんのしかけ絵本 何が隠れている?

一生懸命走って、帽子を追いかけたのですが、とうとう見失ってしまいました。

「たしか このあたりに ぼうしが とんでいったはずだけど…」

草むらを探すことにしました。

「あっ、ここかな?  あれー バスケットボールかぁー」

「あっ、ここかな? あれー かめくんかぁー」

ボクの帽子は一体どこへ行ってしまったんだろう?

あちこち探したのですが、結局帽子は見つからず…おうちに帰ることにしました。

ひまじんのしかけ絵本 帽子をかぶる大きな木

おうちが見えてきたその時、

「あっ! あったー!」

そうです。おうちのそばの木のてっぺんに、大好きな帽子があったのです。

「木さんも ぼうしを かぶってみたかったんだね」

サルくんは、しばらく木さんに帽子をかぶらせてあげることにしました。

ひまじんのしかけ絵本 さるくんと帽子

それから、いつまでもいつまでもサルくんは黄色い帽子を大切にしました。

これでサルくんのお話はおしまいです。

如何でしたでしょうか。






Gallery #7 しかけ絵本 ボクのぼうし ひまじんのやかた